一定期間更新がないため広告を表示しています

腹痛が続くので病院に行った。
大きな病院ゆえ内科だけでも10以上の診察室がある。

一部屋の大きさも十分に大きなものであるが、
スタッフの動線の理由からだろう
バックヤードはつながっており完全な個室という訳ではない〜


自分はどうやら胃酸の出過ぎが腹痛の原因らしいが、
念のための血液検査と胃カメラを・・・


そんな想定内の自分の事より

隣室であろうと思われる?!
ドクターの大きな声に意識が向いてしまう・・・



「この腫瘍を取る決断をするかは、ナニナニさん次第ですが、
男性の平均寿命から言えばあと10数年あるわけで・・・
まだまだ現役でおられますし
今は、
生涯現役の時代ですよ!!」



これにはたまげた!?
まるでサプリメントのコマーシャルみたいだ。


個々の診断に平均の話を擦り合わせられては
たまったものではない。


救える命だとの気持ちからだろうが・・・
もう少し言葉を練って貰いたい。





その病院の問診票には
かなり前から、

【悪性腫瘍の場合告知を
希望しますorしない】

マルを付ける事になっており、
画期的と
個人的には感心していたのだが・・・




生涯現役という言葉にも引っかかる。

いくつになっても相談役だ監査役だと〜
多忙を極め
ご活躍の御仁がおられるが、

俺は、
50歳を過ぎた現在。

生きる軸足をそろそろと、
社会生活から私へ

組織のために働きから
自分のための働きへ


忙から閑へ


要するに
自分一個の生に生きるほうへと移してゆこうと思う・・・





この時期
出るべきか?迷う
忘年会や新年会の案内が来る。

不特定多数の集まるパーティーへの参加は、
一切しない事に決めたのだ。





食べる為 (^_^)
経営する為に必要のあるものだけに徹底して絞り、
参加はしても
二次会には行かない。


私的好奇心と文化度を感じられるものだけとした!






意識して私的なことへ時間をシフトすれば、
時間は生まれる。


あの?
後悔に苛まれた?
二日酔いとは無縁になり、
好きな読書と映画に時間を費やすことができる。





私的な付き合いを持てる人間は限られるが、
それで充分なのである。

孤独に似た?
余白を埋めるのが可能なのは、
又、
その私的な付き合いしか無い事にも気づいた〜








生涯現役と言うなら
俺も、
借金の返済が為に生業の上では
そうなのかも知れません・・・


では、
生産性の無い
働けない自分になったとしたら?
突如として『現役』ではなくなるのでしょうか?



老いと
病いと
死を、

一緒くたにしてしまっているのでは無いでしょうか?




生業がすべてで、
その事だけに捉われていては、
何の為の生であり
人生の意味が勝手に消えてしまうのではないでしょうか?




50の歳(よわい)を得た俺は、
社会からジョジョに隠遁して行くことにしました。






人ひとりの人生は、
どんな時も自分らしく生き
自分色の人生を持つべきです。


【Master of life 】
に言わせれば、


引き合う者同士が創り出す時は、
瑪瑙色の時間を共有していることになるのである。







変化をもたせた散歩道
道はつながっているゆえ出くわす同じ顔。


「御同慶の至りで!」


とほくそ笑みながら
頭の中でツブヤク。






「生は奇なり、死は帰なり」
だ。




死は大地に帰ることであり、
人生は仮の宿にすぎない・・・




私的に生きようと振り切った今こそ思える。

縁あって与えられたいまの人生、
何事にも前向きに頑張りたいと!!







fin





関連する記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL